シェーブル

サントモール ド トゥレーヌ

SAINTE MAURE DE TOURAINE

サントモール ド トゥレーヌ

 春から初夏にかけ、山羊のチーズ(シェーヴル チーズ)は旬を迎えます。この季節、母山羊は赤ちゃんが生まれて美味しい栄養たっぷりのミルクをいっぱい出します。我々人間もその自然の恩恵に感謝して、美味しく味わいましょう。

 シェーヴルチーズはよく『苦手です。』と言う方が多いですが、新しい物をラップや真空パックしてしまうと臭いが強くなり食べづらくなりますが、キチッと熟成して表皮がしっかりあるものはとても食べやすいのです。新しい時は酸味も強く山羊独特の香りがありますが、熟成して表皮が淡いグレーになるとまろやかでコクのある山羊本来の特徴が楽しめます。私自身大好きなシャーヴルチーズで、山羊好きの人は一度は試して頂きたい王道のチーズです。

原産国 :
フランス

 サントモールの大きな特徴は、この一本のワラ。真ん中に通してあり、チーズの端からはみ出ている。筒状の形を安定させるために、空気を送り込み熟成を促すためにということから、ワラを活用。
 シェーヴルタイプは形が様々で、ひと目で容易に判別できる特徴をもったチーズが多い。またいろいな知恵が織り込まれている。

地 域 :
サントル圏 ロワール・エ・シェール県
原料乳 :
山羊乳
価 格 :
1本・・・¥3,200-(税抜価格)
 
 
 
 

切り方:ワラを軽く回すようにするとぬけるので、先に取り除く。切り分けたときは、穴が開いた状態。棒状のチーズは、切り口が一箇所なのでふたにすると乾きを防ぐ役目をする。よく見ると端の太さがちがうので、太いほうをカットして、残すといいでしょう。

(写真は上が若めで、下が熟成した食べ頃の状態です)