《クリスマス・パッケージ特集》

このシーズンだけ、特別なお化粧(パッケージ)をしていつものチーズたちも装いがちがうとショーケースのなかで、ひときわ華やかに彩ってくれます。毎年変えたりしているのもあり、パッケージのコレクションをしている方には、登場を楽しみにしてくださっています。
そこで、今年のバージョンをご紹介します。

写真左から、時計回りに
ブルソー
 乳脂肪70%のバターのようなコクとまろやかさ、パンにぬってどうぞ。
ブルサン・ポアブル(黒こしょう入り)
ブルサン・アーユ(にんにく・ハーブ入り) 
 クリームベースのチーズにそれぞれのお味でポイント、お好みのタイプをパンやクラッカーにぬってどうぞ。
ミニ・エーデル・ド・クレロン
 チーズのまわりをエピセア(モミの木の一種)で巻いて熟成、その香りが特徴で、切り分けるのではなくスプーンですくっていただく。
カプリス・デ・デュー
 乳脂肪60%のクリーミィな白カビチーズ、「神々の気まぐれ」の意からなのか天使の図柄が特徴
パヴェ・ダフィノア 
 写真中央:四角い白カビチーズ、ラベルをふた代わりにして上部をきりとりスプーンですくっていただくとカスタードクリームのような味わい

→メニューのページに戻る