種類:セミハードタイプ
ラクレット
(Raclett)

ご存じハイジで有名な、スイスアルプスの山のチーズ。
フランス語の「raclerラクレ(削ぎとる)」から名づけられた「ラクレット」は料理名でもあります。「アルプスの少女ハイジ」の物語の中でも度々登場した、暖炉の前で火にかざしたチーズの切り口が溶けたところをおじいさんがすくってハイジのもっているパンの上にのせていただくシーンに思わずごっくん・・・おいしそうと記憶の中にある方は多数いらしゃるのではないでしょうか。専用のラクレットオーヴンがなくても、ホットプレートや耐熱皿などに入れてトースターで焼いたり、ホクホクのジャガイモに熱々をトロリ、お好みで胡椒やパプリカ、我が家ではカレー粉をかけてフーフー食べています。フランス産に比べ本場スイスのラクレットは味も香りも強く、焼いた時の味はまた格別です。最後に外皮をカリカリに焼いて、チーズおせんべいも美味しいですよ。何だかお腹が空いてきました? (*^。^*)

産 地  スイス アッペンツエル州

原料乳  牛乳製

 

我が家ではマイブームのパニーニ用ホットサンドメーカー
で、溶かしたラクレットです。

→メニューのページに戻る