フレッシュ(*パスタフィラータ)

アッパシータ・アッフミカータ

*イタリア独特のチーズ製法でパスタ(カード・凝乳)を熱湯で練り弾力を持たせ、組織が糸状に裂ける特徴があります。モッツァレラが代表。

Appassita Affumicata

モッツアレッラの製法をもとに作られるチーズは、形・熟成を変え、様々な種類があります。これは水分を少し抜いてアッフミカータ(燻製)してあるもので、この強いにおいと中身のモチモチ感が、スライスしてそのままでも、または焼いても美味しい。

他の食材との組み合わせでは、生ハムを巻いてそのままで、ベーコンを巻いて焼けばチーズがとろけてまた違った味わいです。

※この「アッパシータ」は、ナポリ周辺の愛称で、おなじみの名称は「スカモルツァ」です。

原産国 :

イタリア

地 域 :

カンパーニャ州

原料乳 :

牛乳

価 格 :