種類:青カビタイプ

カンボゾーラ
(Cambozola)

 お馴染み「カマンベール」(フランス・白カビ)と「ゴルゴンゾーラ」(イタリア・青カビ)を合わせもったチーズです。カンボゾーラの名前もまさしく、ふたつのチーズ名からの造語です。まるで新生白カビチーズ、青カビチーズのどちらからも大ヒットしているのです。
誕生は70年代ですが、一躍人気ものになりました。ほかにも「バヴァリア・ブルー」「ラミ・ブルー」など似ているものがあります。いずれもクリィミーな白カビの中に少しだけ点在する青カビなので、とても口当たりよくて食べやすく感じることでしょう。
青カビ入門としてもお薦めしています。ただお好み次第なので、その限りではありません。私は、いつでも今でも好きなタイプですから。

産 地  ドイツ 

原料乳  牛乳製

*「カンボゾーラ」はただ今お取り扱いございません。(2005/9現在)

→チーズメニューのページに戻る