白カビ


カマンベール・パストリゼ

カマンベール・ド・ノルマンディ

Camembert Pasteurise

Camembert de Normandie

カマンベールの中でも「ノルマンディ」と産地名を付けて名乗れるのは、元祖の証なのです。本家本元で、※「ミルク、製造方法・地域、熟成地域・期間、形状・乳脂肪分」などの項目にすべてクリアしたものに対してその称号があたえられます。いわば政府のお墨付きですが、それ以外のものは品質があいまいというものでは断じてありません。ですから、選ぶポイントにはなりますが、それだけではないひとつひとつの個性をみて選んでお気に入りを見つけてください。すべては、あなたのお好み次第です。

※原産地呼称統制といい、フランスではA・O・C、イタリアではD・O・P、

EU全体ではP・D・O、と呼ばれています。

原産国 :

フランス

原産国 :

フランス

地 域 :

バス・ノルマンディー圏

マンシュ県

地 域 :

バス・ノルマンディー圏

マンシュ県

原料乳 :

牛乳・殺菌乳

原料乳 :

牛乳・殺菌乳

価 格 :

1個・・・¥1,200-(税抜価格)

価 格 :

1個・・・¥2,100--(税抜価格)

 


ご存知「カマンベール」といえば、真っ白なカビに被われたチーズだということを知らない人は少ないくらい日本では、知名度バツグンのチーズです。これは、元祖フランス以上に世界中どこでもすっかりおなじみです。そこで、ポピュラーなだけにちがいの見分け方やまた扱いにも、ちょっとしたコツがあります。

 

*ミルク・・・

●殺菌乳(国産品はすべて)低温殺菌牛乳から工業化して製造される場合。

 <特徴>香りもおだやかで、あっさりとして食べやすくなじみやすい。

●無殺菌乳(ヨーロッパの伝統的製法など)小規模製造者・農家製

 <特徴>地域固有の微生物が独特なアロマを持ち風味を作る。

*熟成・・・・

白カビチーズは、外側から中心部に向って熟成をしていくので、側面や中心部を軽く押してみて芯がないかを確認。食べごろサイン。

*香り・・・・

熟成の段階に応じて変化するのが、香り。完熟すると表皮の色の変化があり、香りもキツくなる。

*保存・・・・

基本は、切り口をアルミ等でおさえて形を整え包まれていた紙を使い、ハコにもどして保存。このときカットは食べる分だけを切り、切り口は最小限にする。

 

白カビチーズは、ほかにもたくさんあるので、カマンベールはそのなかのひとつ。カテゴリーのひとつのチーズなんです。でもちがいが、いっぱいあるのがわかりましたか?それは、熟成度合いとお好みや食べるタイミングにより、印象がぜんぜん違うのです。ぜひ、お気に入りのカマンベールを見つけて楽しくお召し上がり下さい。