種類:白カビ
ブリ・ド・モー
( BRIE DE MEAUX )

カマンベールに代表される白カビチーズ。

でもこの「ブリ・ド・モー」は、白カビタイプでは元祖的な存在として歴史が古い。

 ブリの登場は8世紀には、シャルルマーニュ大帝が賞味したという記述がある。その後は革命さなかに、ルイ16世が逃避行中に所望したチーズとも言われている。革命ののちナポレオンのウィーン会議でも登場する。時の王や政治家たちにも愛された、まさに「王様のチーズ」でとしても名高い。ひとつには、産地が首都パリから北東へ50kmと、程近いのも愛される所以のひとつ。また同じ白カビタイプで、世界中でおなじみなカマンベールは、産地も遠い小村のチーズであったのが、19世紀になってから近代流通の発展と共に輸送可能になったことから、パリで人気が出るようになった。ふたつは大きさや重量や味わいも異なる。 このブリチーズは、直径36~37cm・重量2.5~3kgの大型チーズ。

 モーの名前の由来は、産地名からなる。
(最初の生産地は、パリのあるイル・ド・フランス圏だが、現在は都市化のためロレーヌ圏や、シャンパーニュ・アルデンヌ圏でも生産され、主生産地になっている)

産 地  フランス ロレーヌ圏 ムーズ県

原料乳  牛乳

価 格  100g・・・・・・¥900-(税抜価格)

 熟成されたブリは、濃厚な味わいとふくよかな香りをもち、またこってりと流れ出るようなクリーミィな食感がある。

 

チーズ生産は、製造者と専門の熟成士の役割が確立している。 その中にあって、今回のドンジェ社は、製造・熟成を同時に行っている。


→メニューのページに戻る