シェーヴル

ヴァランセ

フランスの中でもロワール川流域には、歴史ある代表的なチーズが数多くあり、ヴァランセもその中のひとつです。
シェーヴルタイプは、牛乳製のチーズに比べて大型のものは少なく、小ぶりで様々な形状があります。同圏の「プーリニィ・サン・ピエール・フェルミエ」のピラミッド型は、真っ白だし背が高いのが特徴。しかしこの「ヴァランセ」は、同じピラミッド型でもさらに頭を切り取ったちょっと不恰好で灰かぶりの白雪姫?かも。でもなんだか愛くるしく感じるのです。日本には早くから紹介されていて、ずっと「ピラミッド」の愛称で呼ばれていたから、親しみがありますね。
さてお味は、灰が酸味を中和しているのでやさしく、熟成してもほどよいしっとり感が残り、濃厚さとコクを感じていただけることでしょう。

Valencay

原産国 :

フランス

地 域 :

サントル圏

ロワール・エ・シェール県

原料乳 :

山羊製

価 格 :

220g・・・¥2,900-(税抜価格)

※おまけ:チーズのエチケット(ラベル)には、デザインに凝っているものが多くあります。メーカーによっても異なりますが、たとえば今回のヴァランセは、名前の由来が村でもあり、この地にあるヴァランセ城をモチーフにしています。