シェーヴル

ローヴ・デ・ガリッグ

きっと誰もが、このチーズのハーヴの香りに魅了されてしまうでしょう。 それくらいヤギのミルクのチーズは、ハーヴと関係がある?と思い浮かべるほど、 ローズマリーやタイムの香りが際立っているのです。それもそのはず、フランスの地中海にも接する一帯といえば、「南仏」(な・ん・ふ・つ)生まれなのです。プロヴァンス地方をはじめ、南仏をイメージするにふさわしいチーズかも。ローヴ種のヤギのミルクから取れるため、名前にも由来しています。自生する植物をえさにしているので、ハーヴ味ではありません。若いうちは、真っ白で、皮もできていません。入荷したてのやわらかいものから、どうぞお試しください。

※熟成によってうっすらと皮がつきます。そして、自然のカビもでてきます。 若いうちのものとは、また違うコクと濃厚さが味わえます。

※シェーヴルタイプは、基本的に固くしまった熟成状態が、うま味もあり、酸味も和らいで食べやすく感じることが多いです。段階で楽しめるのが楽しいし、お好みを見つける手立てにもなります。

Roves des Garrigues

原産国 :

フランス

地 域 :

ラングドック・ルション圏

ガール県

原料乳 :

山羊乳

価 格 :