「じゃがいも入りチーズおやき」〜スイス料理 レスティ風


材 料
(4人分)

 ●チーズ
 ●ジャガイモ
 ●バター
 ●塩・胡椒

150g
中3〜4個
30g
適量

ちなみにチーズの種類は、なんでもOKです。チーズだけでも時間をかければ、おやきはできます。うすく伸ばせばおせんべみたいになります。食べ残ってしまったチーズでもいいですよ。じゃがいもは、スライサーや包丁で細切りにしてもよりパリッとした食感ができガレット風にもなります。玉ねぎやベーコンが入ってもおいしいです。自由自在にアレンジをお楽しみください。


1.じゃがいもをふかす、あるいはゆでる。皮や芽はとりのぞき、適当につぶしておく。
ちょっと固まりがあるくらいでも食感があり美味しい。
チーズが入るので、塩味は薄めに塩・胡椒をしておく。
2.中火で熱したフライパンに1.のじゃがいも・バター・カットしたチーズを入れて、木べらで混ぜながら、フライパンの大きさに合わせて丸くまとめていく。
最初は、伸ばすようにひろげて、あまり動かさない。
3.少し焼き色がついてきたら、フライパンを前後にふり、返したりして、ゆっくりと時間をかけて、両面をよく焼いて、パリッとしたら、お皿を用意し滑らせるように盛り付ける。
または、お皿をかぶせてひっくり返して形をくずさないようにして盛りつけたらできあがり。

※「レスティ」はスイス料理ですが、語源はドイツ語のようで読み方はいろいろです。
なにしろスイスは、ドイツ語・フランス語・イタリア語・ロマンシュ語という4つの言語が公用語なので、それぞれ読み方が違うようです。
なので、外来語を日本流のカタカナ表記はむずかしいことになる。ちなみに白水社「フランス料理辞典」は、「rosti ルシュティ」《独》とありました。



←メニューのページに戻る