我が家のお気に入りパスタソースのご紹介です。
スパゲッティを使っても美味しいですが、
今回はタコッツェッテというショートパスタで作ってみましょう。

■タコッツェッテのバジルトマトソース■
材 料

●タコッツェッテ パスタ
●ニンニク
●鷹の爪
●オリーヴオイル
●塩、胡椒
●白ワイン
●トマトの水煮缶
●バジルペースト
●パルミジャーノ レッジャーノ

300g
1片
1片
適量
少々
適量
500g
大匙 3杯
たっぷり!

1. ニンニクと鷹の爪をスライスして、オリーヴオイルで香りを出すように弱火にかけます。

2. ニンニクが少しきつね色になったら、トマトの水煮缶を入れて木ベラなどでトマトをつぶしながら煮込んで下さい。
   中火で5分程煮込みます。


3. パスタを茹でておいて下さい。タコッツェッテの場合は10分前後の茹で時間でOKです。

4. 1.の鍋に白ワイン、塩、胡椒を入れて、更に5分程弱火で煮込みます。

5. パスタが茹で上がる直前に、バジルペーストとパルミジャーノレッジャーノをたっぷり削って入れて下さい。

6. パスタをからめて、ハイ出来上がりです。


左の写真が出来上がりです。


今回のパスタは、静岡でリストランテをしている自分の知り合いのシェフが
『究極の生乾燥パスタ』だと豪語しておりましたものです。
たしかに初めて食べたとき、
『むむん、これは美味っっ』と感じたのでありました。

茹で時間は8分〜10分ですが、アルデンテというよりも少し長くしてモチモチ感がでると生麺にも負けない味が楽しめます。



商品名 TACCOZZETTE
    タコッツェッテ 
価 格 1パック 500g/600円 

産 地 イタリア ナポリ グラニャーノ産
    (乾燥パスタ発祥の地)
パスタ・ディ・グラニャネージ社(協同組合)

日本ではスパゲッティを代表とするロングパスタが主流ですが、イタリアには様々な形状をしたショートパスタがたーくさんあります。
タコッツェッテの形状はちょうど旗が風にたなびいてヒラヒラした感じの形で、表面がウロコ状にざらついているので、どんなソースにも絡みやすく、食感はモチモチとしています

(モンテドラーゴで、このパスタは販売しています。)


←メニューのページに戻る