2009年 ムッシュの独り言

わたしは、寅さんで有名な葛飾生まれの葛飾育ち。坂本龍馬が大好きなチャキチャキの下町の江戸っ子です。そんな住み慣れた町を離れて、高崎でチーズショップを開店して数年。そんなわたしの最近のできごとです。

→2008年の独り言へ

2009.11.27
 久しぶりの更新になってしまいました。
しかし何はともあれ、上に上に登ってきましたよ。9月に自転車で赤城山に上り、11月に入り登山で西上州 小沢岳に徒歩で登って、その一週間後に上野村に自転車でロングライド。自転車仲間に、「ムッシュはどう観ても、自転車とか登山っていう体系ではないよね。」そんな言葉にもめげず、日々努力に練習です。しかしこんなに登ってばかりなのに、体重はいっこうに下がりません。どういうことでしょう。

 さてさて街はすでにイルミネーション真っ盛り、クリスマス年末シーズン到来。ムッシュ山本、1年で一番大好きな季節です。寒いけど何故かぬくぬくと暖かさを感じるこの時期、美味しい食べ物もいっぱいです。チーズも旨みたっぷりのハード系から、トロリまったりのウォッシュタイプ、旬を迎えています。順次ご紹介していきますね。

世の中不景気で大変ですが、こういう時こそ元気が大切です。誰かが言ってます、「元気があればなんでもできる。」 まずは、ポジティヴに楽しくやりましょう。頑張らなくてもいい、まずは一歩一歩進んでいれば。(なんかいいこと言うなあ、自画自賛。)

「なんだか、あなた最近登ってばっかりね。」 これはマダムが言っています。
2009.9.26
 店の前の大きなガラス窓に、何故かクモがたくさん。まん丸な感じや、いかにもクモらしい手の長い奴、そそくさとあせって走る奴もいれば、のんびりゆったり動くものもいます。定期的にほうきで掃除するのですが、翌日にはすぐにクモの巣いっぱい。あまりの種類の多さに、毎晩挨拶するようになってしまいました。

 夕方暗くなると自動的にライトアップ、小さな虫が寄ってきて、それをゲットする。クモ君たちにはまさに天国なんでしょうね。最近は成長して大きくなってきてます。

 クモは安全なところに巣を作ると聞いたことがあります、まぁモンテドラーゴも認められたという事なんでしょうかね?
2009.7.4
 
 初めて尾瀬に行ってきました。
 って言うか、30年以上ずぅっーと勘違いしていたのですが、小学校のときに行ったつもりでいましたが、実は初めてでした。行ったのは日光の戦場ヶ原だったようです。記憶とはあいまいですね。

 しかし今度は絶対忘れないくらい素晴らしい体験でした。梅雨の合間の好天に恵まれ、至福の尾瀬初体験でした。見渡す限りの大湿原、どこまでも続く木道、咲き誇る花々、流れる風。
これぞ地上の楽園とはこういう場所とでも言おうか、よくぞ保護されてきたなぁと歓心しました。

 案内してくれた友人の登山家が、「これは○○○って花だよ。」「この傷はマタギが目印につけたものだよ。」なんて説明してくれます。永い年月をかけて形成された大自然、未来の為に保護していくのは大変なことです。世界遺産に匹敵するくらいだけど、登録されないほうがいい遺産もあるんですね。

 今度は晩秋に行きたいです。

2009.5.15
 映画「グラン トリノ」観てきました。

 お決まりのセリフだけど、「映画ってほんといいですね。」って、言わせる良い映画でした。荒野の用心棒、ダーティーハリー、とにかく元祖アクション俳優のクリント イーストウッドが、年老いて人生を締めくくるために取り終えた映画のようです。大袈裟だけど、これからの若い人やアメリカという国に言い残していくための映画。

 子供の時から観ていた弱気を助け悪を倒すヒーローだったイーストウッドだからこその、説得力と衝撃的なラストシーン。エンドロールに悲しみと勇気がこみ上げてきました。

 何だか映画の宣伝みたいですが、マダムと二人しみじみと感じてしまいました。

 おかげ様でモンテ ドラーゴも9周年、お客様に素敵な余韻を残せるお店になれるように頑張りまっす。
2009.4.3
 春ですね。
お店の前のお花を春の花に、植え替えました。いゃあ実に気持ちが良い、なんて清々しいのでしょう。花の持つパワーというか癒される感じは、自分が歳をとったせいなのか、とても不思議な心地よさを生んでくれます。
何かに疲れたり、イライラしたときは、良いですよ。

大丈夫、マダムとケンカしたわけではないですよ。
2009.2.25
 先日物凄いものを観てきました。今までいろんなものを観賞してきたけど、笑いながら涙がこみ上げてきたのは初めてでした。

「立川志の輔 独演会」です。

 最初はただ面白くて、楽しくて、とにかく笑えました。吉原の花魁と真面目な藍染職人の話しなんですが。聞いているうちに、何だか自分が完全に物語の主人公に感情移入してしまって、気がついたら自分が若い職人になっていて、、、、ね。もうダメって感じ、なんでなんで、落語って泣けるお話しなの。志の輔さんの畳み掛けるような細かい仕草と話術、素晴らしいの一言です。
 あれれって思って隣を観ると、60歳ぐらいのお父さんは、ボロボロに泣いてました。その姿を観て我に返って、拍手喝采です。隣のお父さんの足が邪魔で立ち上がれませんでしたが、気持ちは完全にスタンディングオベーションです。これぞ名人芸です。すっかりはまりました。

 話しはまったく違うんですが、先日大腸健診でポリープが見つかり、これまた見事な操作で取り除いてもらいました。こちらもまったく痛みはなく、凄かったです。

 どんな世界にもその仕事のプロと言う方がいます。きっと毎日努力をして、やっと行き着いた領域なんでしょう。自分もまだまだ修行が足りません。どこまで行けばその領域に到達できるのでしょうかね?
2009.1.10
新年 明けましておめでとうございます。
今年も宜しくお願いいたします。

 毎年の事ながら、美味しいものいっぱい食べ過ぎて、体重増加も恒例になってしまいました。なかなか元のペースに戻すのが大変です。

 昨年の暮れに携帯電話を新しくしました。なぜかデータの更新ができなくて、「一件ごとにご入力していただかないと、、、、!。」「えぇぇぇぇっー、マジですか。」ってな具合だったのですが。 こうなったら「やるっきゃない。」です。マダムに見捨てられ、ドラーゴ君に頭を下げながら、ひとり地道にコツコツ入力しました。

 お客様の電話番号、親戚友人、とりあえず何とかお正月には入力完了です。今まで指が太いので、どうも苦手だった携帯電話。とにかく簡単シンプルな機種でしたが、今回の入力作業で「何だできるじゃん。」って事になったので、そしてとうとう携帯メールも登録です。

 これがやってみると以外と便利で面白い。ついつい空いた時間にメール、今まで連絡してなかった知人にもマメマメとメール。それと使ったことのないカレンダーやスケジュールまで書き込んでます。

「なにぃ、このでっかい文字は!」 マダム談。 最近老眼のムッシュ山本、バカにされながらもせっせと携帯いじってます。

→2008年の独り言へ